×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ランドセルの選び方

ランドセル選びのポイントを少し紹介します。この春から小学生になるお子さんをお持ちの方はどんなランドセルを買うか迷っちゃいますよね。
まず、ランドセルの素材ですが、革か合成皮革のクラリーノかを決めましょう。
しかし、どちらにしても大事なのは、ランドセル表面の加工が強いかどうかです。
ランドセルは加工がしっかりしているほど、傷やシワになりにくいです。
ランドセルの重さは、革では1,000g〜1,200gくらいで、クラリーノなら900g〜1,100gがちょうどいいと思います。
激安ランドセルを探している方もおるかもしれませんが、安いランドセルは中の芯が抜いてある場合があるので、700g〜800gと軽すぎてしまいます。
程よい重さがあるかどうか、値段と一緒にランドセル選びを考えましょうね。
最近はセイバンの天使の羽など、ランドセルのCMをよく見かけるようになりました。ランドセルも色んなブランドから色んなランドセルが出ていますので、品定めの際の参考にしてみてください。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ランドセル選びのコツ

ランドセルを選ぶコツとして、まず、背負いやすいランドセルかを確かめます。
背負いやすいランドセルかどうかは、背中の縫い目ではなくて、紐の形で決めます。
逆に縫い目があるランドセルだと、夏に薄着になったとき、違和感を覚えることがあります。子供は違和感を嫌いますから。
また、ランドセルは季節商品のため、毎年モデルチェンジをします。
そのため、ランドセルは決まった量しか生産しないので、遅くても2月末までにランドセルを買った方が良いでしょう。
モデルや色によっては、品切れしてしまうランドセルもあるようです。
他の家庭がどれくらいの価格のランドセルを買っているかもランドセル選びで気になるポイントですよね。
2007年に行なったある調査によると、ランドセルの価格帯は、2万5000円〜3万5000円未満と、3万5000円以上のランドセルを買った人が合わせて約4分の3を占め、意外と高めのランドセルが売れているという結果でした。
これは、ランドセルは贈答されるケースも多いということと、いわゆるファッションブランドが出しているランドセルが人気であることなどがあるでしょう。
女の子に人気のメゾピアノや、ベネトン、コムサ、ミキハウスなどのランドセルは毎年人気がありますね。

ランドセルの上手な買い方

ランドセルがどこへ行っても特設コーナー設置でセールされている年明けから入学まで、少しでも良いランドセルを安く手に入れたいと思うのが親の気持ちでしょう。
ランドセルを購入する場所の調査では、百貨店やデパート、量販店が圧倒的に多かったです。
イオンなどのショッピングセンターやニトリなど家具量販店で学習机とセットで購入するという人も少なくないようです。
その一方、インターネットショップでランドセルを買うという人も案外いらっしゃるようです。
楽天に代表されるネットショップですが、ネットショップは特典が付いていたり、割引率が高いことがネットショップでランドセルを買う人の多さの理由のようです。
ネットショップでは、手にとってランドセルを見ることはできませんが、一度お店で下見したランドセルが安く手に入るのならお得ですよね。
それから最近人気のランドセルはカラフルです。
ランドセルの定番と言えば、男の子は黒で女の子は赤でしたが、最近のランドセルは、高島屋が12色で、イオンは24色など、さまざまな色のランドセルを展開しています。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 ランドセルの選び方